OJAMBOとゴ10Ba BackPackers

旅好きチームBACKPACKERS&JETH(オジャンボ)の自己満ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

活動どうでしょう~HOW DO YOU LIKE ACTIVITY~

どうも。最近相方と同居しているオジャンボです彼の名はジェシー。夜になるとどこからともなく現れ、そこら中の虫を食ってくれる。食い終わるといつの間にかいなくなる。すごく有難く何ともニクい奴。
P1040651_R.jpg
では近況報告をエイズカンファはというと、実は先月の試験通話でネット環境の影響により音声に問題あり。再度試験通話をする事に。そこで虎BLUEのYOOZに協力を依頼した。彼は看護学校の同期だが、幼い頃から知っている幼なじみ。PC隊員バリの知識を持っている上に基本何でも出来るスーパーイケメンナース
心強いね~!しかもPC関係の仕事をしているブシアの友人イッシュメイルのオフィスを使わせてもらえる事になった!陽性者を首都まで連れて行く必要もなく、既に試験通話を行い音声映像共に問題ない事も確認。
あとは22日に最終確認を行い、7月に実行するのみだ!気合いはいるぞ~
P1040717_R.jpg
P1040721_R.jpg
任地での活動について。先月と今月はすごいね~ドタキャン月間だな・・・ここまで来るとあまりの自由っぷりにうらやましいとさえ思えてくる。
しかも理由は「お腹痛くて何も食えない」←OJ「大丈夫かい?療養しな~」
「んじゃオジャンボ1000シルくれろ」←OJ「何に使うんだい?」←「ポーク食べたい」
バカヤロ~腹痛どこいった!こんな吉本的やりとりも今となってはかわいいとさえ思える
P1040716_R.jpg
その中でもいつも協力してくれるUSAID(NGO)のDAVID氏。彼実は陽性者でAIDS啓発で何度も表彰されメディア等でも数多く紹介されている様なすごい人。エイズカンファの協力者でもありカンファTシャツのメッセージの筆者でもある。
P1040708_R.jpg
2週間前から始めた彼とのPMTCT(母子感染予防)プロジェクトはようやく軌道に乗り始めた。
ベヘニHC(ヘルスセンター)Ⅲは病院からおよそ10km、チャリで行けるギリギリの距離。県内には24箇所のHCがあり、もちろん車じゃないと行けないとこもある。というかほぼそんな感じ。そこでベヘニを皮切りに病院と県庁からのアプローチをかけPMTCT、5Sを県内に広めようという作戦。2年で全てをやるのは不可能なのでせめて5箇所は終わらせたい! 同じく病院から10km。ルミノHCⅢ。同時進行でここからもアプローチをかける事に。
P1040369_R.jpg
最近街で知り合ったスンホ君。韓国から来ているボランティアで、ChildFund(NGO)に所属し県内の小、中学校で物理を教えている。彼の協力の下、孤児院でワークショップ敢行!
今後は彼の勤務先でもワークショップを行っていく事に。ひとまずTB(結核)とエイズとの関係という所から始める事にした
P1040779_R.jpg
P1040783_R.jpg
県庁、病院、ベヘニHC、ルミノHC、4箇所でエイズと5S計8+孤児院、学校でのエイズ+エイズカンファ+エイズデー。
トータル10以上の活動。多くやりゃいいってもんじゃないでしょう。でも出来るのにやらなくてもいいってもんでもないでしょう。そう思えたのには理由がある。以下↓

ここ最近、日本人では隊員よりもNGOや大学生ボランティアとの関わりが多くなった。その中でものすごく刺激を受ける事が多い。協力隊の様に研修があるわけでもないのに自分自身で知識を身に付け、活動し結果を出している。率直にすげー。
学生やNGOが短期派遣で結果を出しているエイズ活動や陽性者を見ていると、とてもじゃないが「僕は看護師で、エイズ研修を受けてきていますが5Sで来ているのでエイズはやりません」なんて事は言えない。俺は医療関係で唯一5Sチームに入っていない。なぜならエイズシカトで2年間5Sだけやりま~すって事にものすごく違和感があるから。5S隊員から言わせれば「5Sからエイズやその他感染症へのアプローチをかける」という事らしいが、片付けがどうエイズ啓発に繋がるのかまたどう繋がってどれだけの効果があったのか教えて欲しい。

だいぶ前の報告会で5S隊員が「こんなかわいそうなエイズ孤児がいて~こんなエイズ患者がいて~」と言いながら写真を紹介していた事があった。かわいそうと思わないのは論外だけど、かわいそうなのは見りゃ分かる、エイズ患者がいるのも見りゃ分かる。そういう事ではないでしょうか。
ウガに来てから嫌いになった事がある。「クソ綺麗事」この国に5Sが必要でとても大切な事だというのは分かる。他人の活動をとやかく言える程立派な人間ではないが、それだけでいいのでしょうか?エイズに関しては半端に関わるぐらいなら関わらない方がいいという事だけは言える。
とか言ってるとまた色々言われるだろうけど、ご意見があればいつでもどうぞ☆出来れば直接ね!

任地に来て半年、ウガに来て早9ヶ月が経とうとしている。ウガに来て3枚目となるTシャツ(BMCセカンドモデル)も完成!あと半分ちょい完全燃焼するぜ
P1040723_R.jpg
スポンサーサイト

未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<セボーズⅡ☆ | ホーム | バックパッカーズに次ぐ最強チーム☆>>

コメント

はじめまして!
愛知県の南山大学というところに通っている、じ~やまこと山地と言います。
僕は今年の夏、NGO機関へのインターンでウガンダに行かせていただきます。
そこで、ウガンダで活動されているJICAの方はいないかと探してたところ、ここにたどり着きました。
連絡を取ってみたいなぁと思ったので、コメントさせていただきました!
2011-06-21 Tue 16:45 | URL | じ~やま [ 編集 ]
はじめまして!コメントありがとうございますじ~やまさん!是非是非連絡とりましょう。ただここにウガ携帯を載せるのは危険な気がするのでFACEBOOKでメッセージもらえるとありがたいです。Eichで検索してもらえれば1発でヒットするかと。ただ任地のネット環境が不安定なので返信に時間がかかってしまうと思いますが、出来る時にウガ携帯番号送りますね。ウガはいいとこですよ~!お待ちしております☆
2011-06-21 Tue 19:57 | URL | オジャンボH [ 編集 ]
Reコメントありがとうございます!
ぜひお願いします。
で、ですね、Facebookで検索したんですけど、数が多過ぎてみつからなかったんで、もしよければ上の名前もいいですか??
よろしくお願いします☆
2011-06-23 Thu 14:31 | URL | じ~やま [ 編集 ]
これは失礼しました。ではEich Takahashiで検索してみて下さい。ではまた!
2011-06-24 Fri 19:01 | URL | オジャンボH [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-07-02 Sat 18:16 | | [ 編集 ]
おお島津さん!!もちろん覚えてますよ~!コメントありがとうございます☆めちゃ嬉しかったですよ!
そしてその通り!ウガンダに100人以上いるJICAボランティアの中でピン隊員は4人ぐらいですが、僕はその中の一人です。
ただ自分は今まで独学で英語をやってきたので、英語の修行と考えればこのピン環境は最高に居心地良しです☆
でも実際は「これぐらいしか出来ない」と思う事も多くて、2年で何かを残すというのはなかなか難しいですね~。なので僕なんて全然尊敬されるような人間ではないですよ!むしろ島津さんの方が尊敬されるべき人だと思います。もし国際ボランティアとかに興味あればまたいつでも何でも聞いて下さいね!答えられる事なら何でも答えます☆
2011-07-03 Sun 01:08 | URL | オジャンボH [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。